2010年09月15日

シトロンの雨発売記念。田村ゆかり楽曲(勝手に)ランキング!


シトロンの雨発売以降、毎日ゆかりんの曲を聴いてます。
やっぱゆかりんは名曲揃いだわ。

悲しいかなシトロンの雨はどうにもオレの琴線に触れる曲が少ないけど・・・。

古い曲から最近の曲までオールシャッフルで聴いたり、アルバムごと順番に聞き直したり・・・。
そうやってずっと聴いてると、なんかランク付けしたくなるのは人のサガ。w



んなわけでちょっくらランク付けしてみた。


ランク付けしたのはゆかりんの曲(キャラソン含む)の中から、厳選に厳選を重ねたオレの好みの50曲。

・・・先に言っておきますが、かなり偏ってます。
あくまでオレ個人の感想を元にしたランキングなのであしからず。

それから、ゆかりんの曲を知らない方にはなんの話だがさっぱりだと思います。w




ほんじゃ早速50位から発表していきましょうかね。チェケラ!




まずは50〜41位の曲の発表。









50〜41位

空の向こう側
宵待ちの花
さよならをおしえて
summer melody
星空のSpica
HappyLoop!
Beatiful Amulet
エアシューター
Amazing Kiss
Tomorrow




早くも定番の曲やメジャーな曲がチラホラ。
ぶっちゃけ言おう!
星空のSpicaとBeatiful Amuletにはあんまりいいイメージを持ってない!
どうにも、なのはから入ってきたにわかファンの香りがして嫌なんだよね。
単純に曲がそこまでものすごく好きじゃないってのもあるけど。
そんな中、赤ずきんのキャラソンHappyLoopが堂々ランクイン。
この曲は初めて聴いたときから結構お気に入り。
そのうえライブで掛かったことがあるもんだから印象に残ってる。
同じライブつながりでAmazing Kissもランクイン。天功、天功。w


続いては40〜31位、こちらも10曲一気にいきましょう。













40〜31位

Tiny Rainbow
月へ行こう
LOVE ME NOW!
My wish My love
大好きと涙
上弦の月
CutieCutie
Picnic
fortune of love
プレゼント




ここでもメジャー曲が容赦なくランクイン。
なんとシトロンの雨から3曲も入ってます。
My wish My loveとTiny Rainbowは順当かなと思うけど、LOVE ME NOW!がこんなに低いのはなんでだ!と思ってらっしゃるファンも多いはず。
う〜ん、ノリの良い曲だしかなり楽しい曲なんだけど、若干狙いすぎかなと思える。
同じライブ向きの曲は数あれど、LOVE ME NOW!はその中で埋もれてしまいそうな気がする。
月へ行こうなんかはランク外でも良かったんだけど、やっぱり好きなんだよな。
ゆかりんを全く知らない友人からよく、変な曲って言われる。・・・うん、わかるよ。w
あと個人的に大好きな上弦の月。正直、低すぎたかなと思うほどお気に入りです。
プレゼントがここな理由は単純で、ライブのアンコール前に掛かって泣きそうになったから。w
まぁ曲が好きだから泣きそうになったんでそこまで贔屓したつもりもないですが。



さて、どんどん行きましょう。次は30〜26位の発表。













30〜26位

惑星のランデブー
Love parade
天使のお仕事
Spiritual Garden
fancy baby doll




超定番曲が入ってますね、なのはさんバリにマジで容赦ないです。w
惑星のランデブー、fancy baby dollはライブで歌うとホント最高なんですが、単純に曲がどうかと言うと・・・まぁこんなことろじゃないかなと思いました。
fancy baby dollに関してははじめもっと低かったんですが、いくらなんでも30位より低いってことはないなと思い直してここにランクインすることに。
あとはオレのモチベーションをいつも支えてくれている天使のお仕事。
♪びじびじびじでぃ♪を聴くと仕事頑張ろう!って気になってくる。w



お次は25〜21位。ここにも意外な曲が入ってます。













25〜21位

Honey Moon
miss you
Lovely Magic
Sweet Darlin'
Suger Time Trip



Honey MoonやLovely Magicが低いことよりも、なんでmiss youがこんなに高いのかの方が疑問のはず。
いやぁ、これこそなんのいい訳も致しません、大好きなんですこの曲。
歌詞やメロディーももちろん好きなんですが、なによりゆかりんの声がいい。
アンニュイで複雑な乙女心を見事に歌い上げていると感じる。
明る過ぎずかといって暗過ぎず、寂しい歌詞なのにどこか希望が持てそうなそんな雰囲気。
是非一度聴き直して頂きたい!ホントに見事な曲です。
Sweet Darlin'は、小部屋を聴き始めた頃のOPだったもんで思い入れが・・・。
Suger Time Tripは、はじめて聴いたゆかりんの生歌の曲なもんで思い入れが・・・。
言ってるでしょ!偏ってるって!・・・でもやっぱり好きなんだよな・・・。



ファンにとっては大波乱の20〜16位、行ってみよう!













20〜16位

恋するラズベリー
Super Special Day
Missing Piece
You & Me
未来パラソル




なんとここに来てキャラソンが3曲もランクイン!
と言っても未来パラソルはシングルカットしてないとは言え、一応田村ゆかり名義。
だからキャラソンではないかもしれないが、まぁ枠組み上はキャラソンかな?
PS2の極上生徒会のED曲、知る人ぞ知る隠れた名曲未来パラソル。
はっきり言ってかなり好きですね、ゲームは・・・まぁアレでしたが・・・。
ライブで掛かったときは、これは奇跡かなんかかと思えるくらいびっくりしたもんです。
そして、昔のキャラソンでは定番のSuper Special Day・・・は置いておいて、Missing Piece。
この曲もときメモ2の曲なんですが、オレの中ではKONAMI時代のゆかりんを象徴するような曲です。
ゆかりんのときメモ関連の曲の中ではダントツで好き。
等身大のゆかりんが見え隠れする名曲、マジオススメです。
それからキングに入ってからの異色曲のゆあみ。
いいですね、ラップはともかく(笑)ゆかりんが可愛い。
そして、なぜかランクインの恋するラズベリー。
これも個人的には好きなんですよ。ノリもいいしゆかりんも可愛いし。
なんで人気が出ないのかよくわからない。



続いて15〜11曲。ここも5曲紹介。














15〜11位

バンビーノ・バンビーナ
Princess Rose
Mon Cheri
candy smile
眠れぬ夜につかまえて




ここらへんになってくるともう文句もないでしょう。w
そんな中、意外に健闘しました、バンビーノ・バンビーナ。
これは結構悩んだ。そんなに良い印象はもってなかったんだけど、改めて聴いてみると・・・いい曲だわこれ。w
さわやかな空気の中で凛としたゆかりんの声が栄える名曲、キング侮ってた。
Princess Roseはめちゃめちゃ好きな曲なんだけど、やっぱ他の曲と比べるとこの辺が限界かな。
Mon Cheriもしかり。ライブで聴いても普段聴いても、すげぇテンションあがる。
限定で発売されるって聞いたとき、興奮して寝られなかった思い出があります。
そして、これも定番candy smile。
恋せよ女の子のカップリングですが、夏って感じですね。
意外にゆかりんって季節感がある曲が少ないんだけど、これは間違いなく夏でしょ。
歌詞もノリも素晴らしい。特に「好きだよ」のところなんて悶えずにはいられない!
眠れぬ夜につかまえてはオレ的にゆかりんらしくて大好きな曲。
ゆかりんって言えばコレ!って感じ。
ファンになった時期もあるんだろうけど、歌い方と歌詞がそう感じさせる要因かも。
はじめてこの曲を聴いたときは、ひたすら可愛いを連発してた気がする。w



さぁて10位からは1曲ずつピックアップして紹介!














10位
あなただけに It's only my love



これを名曲と言わずなんと言う?
はぁため補正も入っていることを承知で言うが、10位でも低いくらいだと思う。
でも、もっと上位に入れたい曲がいろいろとあって、泣く泣くこの位置に・・・。
この曲の白眉はなんと言っても歌詞とゆかりんの声のベストマッチ感。
ゆかりん以外にこの曲を歌わせても、ここまで歌詞に合うことはないと思う。
横浜のライブでアンコール後に掛かったときはマジ泣きしました。
古い曲ですが、これからもメジャーであり続けるであろう曲。
唯一悲しいのは、イマイチライブのノリに合ってないところかな・・・。














9位
シュガー・チューン




ふふふ・・・びっくりしたことだろう。w
ゆかりんファンならわかる、この曲がこんな上位に入っている意外さ!
はっきり言ってシュガー・チューンが評価されないことの方がオレには意外だ。
もうね、大好きですよこういうノリ。
曲、歌詞、ゆかりんの歌い方、どれを取っても文句ないくらい大好きな曲です。
ライブ限定シングルを入手した夜、この曲だけをシングルリピートで聴き続けたのは良い思い出。w
メタうさのカップリングという不幸な位置でなければ、もっと日の目を当たっていたと思うのだが・・・どうだろう?
いつもは細かいアラ探しをしてしまうオレだが、珍しく手放しにフィーリングだけで好きな曲。
ゆかりんが可愛すぎるのがいけないんだ!w













8位
デイジー・ブルー




ツンデレゆかりんにひたすら萌える!切ない歌詞にひたすら泣ける!
ゆかりんは乙女心を歌い上げるのがホントに上手い。
特にこの曲はサビの部分で若干声質を変えているのが、非常に良い味を出してる。
明るく清涼感のある可愛い曲なのに、なぜか泣ける。
歌詞もそうなんだが、ゆかりんの声を聴いてると切なくなってくる。
好き嫌いで言えばもちろん好きだけど、好きだけなら他にもっと好きな曲がある。
でも、それ以上にデイジー・ブルーは曲の完成度が高い。
名曲と言っていい出来だとオレは思う。













7位
チェルシーガール





異論はないと思うけど、超定番曲のチェルシーガール。
むしろ低すぎると批判があるかもだな。w
明らかにライブ向けに作ってるってのがバレバレな感じがあるけど、それでもめっちゃいい曲だと思う。
キングの曲の中では文句なしのNo.1、恋せよを超えたとの声もチラホラ聴くけど、個人的にそれも納得できる。
はじめてラジオで曲が流れたその場で、アルバムAmazon予約2枚余裕だった。w
アルバム出たあとはこの曲をひたすらシングルリピートだったなぁ。
ゆかりんを全く知らない職場の先輩にも「この曲覚えた」って言わしめたよ。w
ぶっちゃけライブ用すぎて特筆するところがないけど、楽しさという点ではゆかりんの曲の中で1,2を争う名曲だと思う。













6位
恋せよ女の子




6位じゃ低すぎるとか言わない!
これも超定番曲の恋せよ。有名になったもんだよ、全く。w
極上をずっと見てたオレとしては、なんでこんな人気が出たのかわからんかった。
もちろん曲は大好きだったし、ライブになればノリノリだから当然だと思うけど。
ゆかりんファンはもっと別の曲の方が好きなんだと思ってた。
ベビブレとかラブパレードとかハニムンとかね・・・。
そう思ってたけどネット見てたら意外にみんな気に入ってる。
ライブでもめちゃめちゃ盛り上がってるし、オレだけじゃなかったんだって思った。
そんな、自分の感覚と他のファンの感覚が意外に近かったことを教えてくれた1曲。
この曲がかかったときのライブ会場の一体感は、そりゃあ凄まじいものですよ。
やっぱり楽しいってのが一番、そしてなによりゆかりんの振り付けが可愛い。
昔はそう思ってなかったけど、今なら確信を持って言えるね。
恋せよ女の子は完全無欠の神曲!













5位
Baby's Breath




そんなオレが今も昔も神曲だと思ってはばからないBaby's Breathが5位。
にわかならいざ知らず古参でこの曲が掛かって喜ばないヤツは、今すぐゆかりんファンをやめるべき。
ゆかりんの歌い方もまだ拙いし、雰囲気も古くさいって言われるかも知れない。
それでもやっぱりすげぇ良い曲だし、聴いてて泣けるし同時に顔がほころぶ。
歌詞がものすごく青臭くて恥ずかしいのも、逆にこの曲を引き立てている。
これなんですよ、オレが今のキングさんにやってもらいたい曲は。
J-POPかぶれみたいな曲じゃなくて、こういうど真ん中を素直に突いてくる曲。
KONAMIは毎回毎回恥ずかしげもなくやってくれるのに、キングさんはどうにも躊躇しちゃってる気がする。
誰が聴いても素直に良い曲だって感じる曲、それがBaby's Breathだとオレは思う。
ある意味でオレの中でゆかりんの原点であり、終着点もここであって欲しいと思う曲。
ゆかりんには10年後も20年後も、素直にこの頃のままの雰囲気でBaby's Breathを歌って欲しいと思う。













4位
童話迷宮




この辺からだいぶまた偏ってきますよ。w
畑亜貴の歌詞もかなりグッと来るものがあるが、それ以上にゆかりんの声がいい。
これまでになかった声質で歌うゆかりんが、発売当時はめちゃめちゃ新鮮だった。
良い意味でも悪い意味でも、ゆかりんらしい曲からは少し遠ざかっていると思う。
それでもオレがこの曲を4位に持ってきた理由は、やっぱり曲調と雰囲気。
うまく説明できないけど、とにかくツボにはまる。
ライブで新曲として聴いたときからメロディが耳について離れなかったくらい。
抽象的になってしまうが、童話迷宮は曲が降りてくるのだ。
耳に入ってきた瞬間から耳障りが良くて、つい能動的に聴いてしまう。
曲調にも全然合ってないし、ゆかりんにも似合わないけど、降臨するって感じ。
あ、ゆかりんは天使だから降臨であってるのか。w
とにかくオレ的には間違いなく神曲の部類に入る1曲。













3位
君をつれて




ここでまた変化球、しかも3位にこんなマイナーな曲を持ってくるという暴挙。w
とは言え、本気で大好きです、この曲。
とにかく切ない、泣ける。最後には清々しい気分になる。
歌詞もすっごいいいし、曲調、ゆかりんの声とも個人的にパーフェクト。
さっきからチラホラ完成度って言葉を使ってるが、これもまた完成度がやたら高い。
ゆかりん以外にこの曲を歌いきれるとは到底思えない。
それくらいゆかりんの声に曲調と歌詞が合っていて、まさに奇跡の様相を呈しているとさえ、個人的には思える。
オレの中ではゆかりんが少年の気持ちになって歌っていると思えるのだが、これを読んでいる人はどう感じるだろうか?
歌詞の内容もそうだが、ゆかりんの声の使い方が明らかに他の曲よりも繊細。
声も若干低めだし、なにより語頭が強い。ゆかりんにしては珍しい歌い方だ。
マイナーな曲だけに贔屓していることは認めるが、それを踏まえてもゆかりんの曲の中で有数の名曲だと思う。
ちなみこの曲は恋せよ女の子のカップリング曲である。
candy smileを含めて3曲含めて全てランクイン。
シングル恋せよ女の子は文句なしの名盤と言えよう。













2位
Melody




これも若干の変化球。とは言え、君をつれてに比べればまだファンが多い曲。
ゆかりんの曲の中でも唯一無二の独特な雰囲気を持つ曲。
正直、好き嫌いだけで評価するなら間違いなく1位だね。
好き過ぎて贔屓するなってのが無理。
完成度という意味では君をつれて、デイジー・ブルーには及ばないけど、この曲の良さはなんといってもタイトル通りのメロディ。
軽やかなのに落ち着いた不思議な、それでいて無理なく素直に受け止められる曲。
理屈じゃなく、ただ素直にこのメロディが好き。
もちろんゆかりんの歌声も最高だけど、やっぱりこの曲に関してはメロディに惹かれるんだよなぁ。
蛇足になるかも知れんけど、歌詞もかなり良い線言ってると思う。
意外なことにこの曲、キングに入ってからの曲なんですよね。
キングをボロカスに言い続けているオレの一番好きな曲が、キング提供の楽曲ってのは皮肉なもんですね。
こんな曲が詰まったアルバムを・・・キングさんよろしくお願いします。













1位
Little Wish 〜lyrical step〜




堂々の1位はやっぱりこの曲。
ここまで変化球だらけだったのに、1位だけ予想通りですみません。w
なのは抜きにして聴いても、やっぱり神曲だと思う。
ゆかりんの良さが満遍なく発揮されているし、歌詞もものすごくいい。
この歌詞に何度泣かされ、何度励まされたことか・・・。
ゆかりんらしいって意味でもNo.1だし、楽曲全体の完成度もかなりの高さ。
もはや文句のつけようがないです。
それに加えライブでの盛り上がりも加味すれば、もうランキングに入れることさえおこがましい気持ちです。
Cutie Cutie ConcertのアンコールのLittle Wish、黄色のサイリウムで会場がいっぱいになったときの感動は一生忘れません。
涙ぐんでサビを歌えなくなったゆかりんの代わりに、ファンがサビを大合唱。
オレもボロボロ泣きながら大声張り上げて歌ってたなぁ・・・。
思えばあれが初めてのゆかりんライブ参加だった。
この曲があったから今のオレがあると言っても過言じゃない。
それくらいオレの人生に影響を与えた曲。それがこの曲です。






ダラダラと解説を挟みつつでお送りしてきました個人的なランキングでしたが、どうだったでしょうか?
曲がわからない人は聴いてください、てか聴け!w
見ての通り、随分偏った結果となりましたが、これはこれでかなりオレのイメージに近い結果になったと思っております。
特に10〜1位に関しては若干の前後はあれど、数年ほとんど変化してません。
逆に11位以降は結構気分とか時期によって入れ替わったりしてますが。w


多分すごい好きなアーティストが居る人は大抵こういったランク付けみたいなことを考えるものでしょうが、実際やってみるとこれが悩むこと悩むこと。
好きな曲だけに優劣をつけるのがものすごく難しい。
でも、そうやって悩んでいる間がとても楽しい時間に感じる。
そう気づいたとき、このアーティストのファンになって良かったと素直に思える。
本当にゆかりんのファンで良かった、これからもファンで居続けよう、とそう思う。



願わくば、他のゆかりんファンの個人的なランキングも見てみたい。
たぶん、君をつれてなんかはランク外なんだろうけど。w

そんで出来ればそれぞれの意見を議論し合えたりすると、すごく楽しいと思う。
オレのまわりにはゆかりんの曲に関して、そこまで語れる人間が居ないから余計にそう思う。
この記事を読んだ、ゆかりんが大好きだって人はやってみてくれないですかね?


まぁ半分冗談ですが。ぶっちゃけめんどくさいしね。w
あ、でもめんどくさかったけど、楽しかったのはホントですよ。


これからもシングルやアルバムが出たら更新しようかと思ってます。
さぁ、ランキング1桁に食い込める曲は出てくるのか?
ゆかりんを追いかける楽しみが増えた気がします。
posted by HeaZoo at 05:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、初めてお目にかかります。
私も「君をつれて」が大好きで、必ず日曜日の夜に聴くようにしています。
前奏を聴くだけで涙が出そうになりますね。

私はこの歌を女性同士の恋愛を突き進む決意の歌のように感じています。
この歌に出てくる「僕」と「君」の間には、他人には理解できないような
「障害」や「壁」があるように感じるのです。

もしくは、この「僕」は田村ゆかりさんご本人で、「君」とは我々ファンのことではないでしょうか。

記事の中にもある通り、この曲は他の曲とは一線を画しているように思います。
隠れたファンも多いのではないでしょうか。

拙い意見ですが、この記事に感銘を受けたのでコメントを残したいと思いました。

Posted by 椅子の靴下 at 2015年10月27日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162685265

この記事へのトラックバック